新人看護師の求人に強い転職サイトは? 新人看護師についての記事一覧

新人看護師 辞めたいのは職場or看護師?

新人看護師が辞めたいのは職場でしょうか?それとも看護師をでしょうか?当然前者でしょうと思う方が多いと思いますが、実は後者も結構います。では、どういった時に各々の状態になるのかを見ていきましょう。

新人看護師 辞めたいのは職場です

新人看護師が辞めたいのは職場というケースが多いですよね、当然ですが。職場を辞めたいと考える看護師は、どういったところに転職したいと思っているのでしょうか?

まず、新人看護師が辞めたいというケースは、大学病院が多いです。そして、その次に独立行政法人や、市民病院などが続いています。こういった病院は新卒の採用人数自体が他の病院と比べると多いため、一概に辞めたいと思いやすい病院とは言いにくいものがあります。

しかし、例えば大学病院を辞めたいという看護師は、激務によって体調を崩してしまったり、研修についていけないと感じていたりするケースが多く、大学病院ならではの辞めたい理由になっています。そして、独立行政法人や市民病院などもほとんど同じ理由によって、辞めたいとなっています。

こういったことから考えると、確かに新卒の採用人数自体が多いのはありますが、新人看護師にとって大学病院や独立行政法人、市民病院などの仕事が負担が大きいものになっている可能性は考えられます。

そして、転職先として選択するのは、民間の一般急性期病院や療養型病院等です。特に民間の一般急性期病院に転職している看護師は多いですね。大学病院などは忙しすぎてついていけなかったけど、一般急性期病院で仕事がしたい、研修体制もある程度はしっかりとしているところを選択したい、という新人看護師が選択します。やはり、しっかりとスキルを身につけてその後の看護師としてのキャリアを歩みたいという気持ちは強いのです。

新人看護師 辞めたいのは看護師です

新人看護師が辞めたいのは看護師をです、というケースがあります。看護師を辞めたいというのはよっぽどだろう、という感じがしますが、逆によほどの覚悟がないと続かない仕事、それが看護師の仕事とも言えます。

新人看護師のケースとは異なりますが、ママさんナースがそのまま潜在ナースになってしまうことが多いですよね。病院はママさんナースが仕事をするための託児所などは完備しているところが多いです。補助金などもあります。それにも関わらず潜在ナースになるというのは、やはりそれだけ覚悟がないと復帰できないということでしょう。

ただ、新人看護師の場合は、まだまだこれからです。一旦看護師を辞めて、1年間くらい違う仕事をし、また看護師として仕事をするケースも珍しくありません。看護師という仕事を一生涯続けていくかどうかを迷いながら、一人前の看護師に成長していくのです。

新人看護師 辞めたい時の相談相手は?

新人看護師が辞めたいと思った時の相談相手は、どんな人がいるでしょうか?

まず、職場を辞めたいと感じている時には、上司や先輩看護師がいます。ただ、辞めたいではなく、こういうところがきついなどを相談する形がベストですね。もう少しこうなれば仕事がやりやすくなるかもといった感じで前向きな話であれば効果があるかもしれません。

次に看護師を辞めたいと考えたときには、やはり家族に相談するのがベストでしょう。家族に思いを話すことで、少し落ち着きを取り戻すことができます。家族以外では、専門学校などの恩師を頼るのも1つの方法です。厳しい言葉があるかもしれませんが、もう1度看護師を目指した気持ちを見つめ直すきっかけになるでしょう。

そして、転職を視野に入れて考えるようになった時は、看護師転職支援サイトを活用することをお勧めします。看護師転職支援サイトを活用すると、新人看護師でも無理なく仕事が出来る職場や、希望に一致しているのがどういった職場かを考え、提案してくれます。自分1人でどういった職場がいいのか分からない状態で探すよりは、専門家に相談する方が早いですし確実です。

新人看護師の場合は、退職手続きに関してもストレスになることが多いと思います。できるだけ負担が少なくなるように、利用できるサービスを有効活用すると良いですね。

新人看護師の求人に強い転職サイトは? 新人看護師についての記事一覧

転職サイトランキングを見る