新人看護師の求人に強い転職サイトは? 新人看護師についての記事一覧

新人看護師の転職は精神科が多い?

新人看護師の転職は精神科で勤務している方が多いです。精神科で働く新人看護師にはいろいろな事情があるのです。どういった事情があるのかを説明します。

新人看護師の転職は精神科勤務者が多い?

新人看護師の転職は精神科勤務者が比較的多くなっています。そもそも、精神科で勤務する新人看護師は、自分で選択して入職していないことが多いのです。

その理由を説明します。

奨学金の関係で

奨学金の関係で、就職先の選択肢が精神科しかないという新人看護師がいます。これは、看護学校の提携先がどこなのかによります。

こういったケースの場合に、専門学校選びの時にどういった病院が提携先になっているかを調べることで防げるのですが、これが難しいのです。

奨学金制度がある専門学校、通勤圏内の専門学校、学力的に可能な専門学校などを考えていくと、案外選択肢が少ないこともあります。

そして、学生の時にはあまり真剣に考えていないのですが、いざ就職してみると、やはり一般急性期病院で仕事がしたいとなることがあります。

奨学金を返済する必要がありますのでハードルは高いですが、それでも転職しようとする新人看護師がいるくらいです。

振り分けで精神科になった

例えば大学病院や独立行政法人などでは、病院や法人主導で看護師の振り分けを行います。その振り分け先が精神科だったということです。

最初は問題ないのですが、仕事を行っていくうちに、精神科ではなく一般急性期で仕事がしたいとなるのです。

しかし、部署異動などを簡単に認めてはくれません。1人認めると、同じように言い出す看護師が増えるためです。

その結果、精神科が嫌だったら辞めるしかないとなってしまいます。

精神科が思ってたものと違った

精神科を希望して就職したが、思っていたものとは違うというケースですね。精神科というものが分かりにくいため、案外多いケースです。

精神科は治療も行っていますが、隔離する場所にもなっています。そして、その過程の中で危険な目にあうこともあり、それが転職に繋がることもあります。

精神科に入職する際には、精神科がどういったところなのかをしっかりと把握し、また病院の考えなども知っておくことが大切ですね。

患者様に対してどのような対応をしていこうと考えているか、それが精神科の病院は大きく異なるのです。

新人看護師が転職に精神科を選択することもある?

新人看護師が転職に精神科を選択するケースというのはあるのでしょうか?ケースとしては多くないですが、いくつかあります。

男性看護師の場合

一般急性期の病棟で男性看護師として勤務を開始したが、女性の中に1人男性という環境に馴染めず、いつも孤立しているという男性看護師がいます。

こういったことになると、職場にいることが苦痛になりますよね。もちろん、女性が多いことは把握して就職していますが、思った以上に厳しいのです。

男性看護師が多い職場として挙がってくるのが、精神科です。精神科は男性看護師が女性看護師よりも多いケースもあります。

また、管理職も男性看護師が多いため、女性に対して苦手意識があるのであれば、働きやすい環境と言えるでしょう。

精神看護に興味がある

看護師としてまずは基本的なスキルをと考え一般急性期を希望したが、一般急性期が合わなかったというケースですね。

この場合には、いっそのこと興味がある精神看護を学びに、精神科での勤務を始めようと考えます。

一般急性期で勤務することで、より精神看護に対する思いが強くなったと言えるでしょう。

迷いが生じたときは看護師転職支援サイトへ

精神科は特殊な分野です、精神科から転職するのも、精神科に転職するのも、他の科目とは全く違いますので、多くの情報が必要になります。

その情報を持っているのが、看護師転職支援サイトです。看護師転職支援サイトであれば、精神科と他の科目の違いの特徴を捉えてお仕事を紹介してくれるでしょう。

後悔しない転職をするためには、違いを把握することが大切です。違いが分かっていれば、選択に自信が持てますよね。その自信が満足のいく転職活動に繋がります。

新人看護師の求人に強い転職サイトは? 新人看護師についての記事一覧

転職サイトランキングを見る