新人看護師の求人に強い転職サイトは? 新人看護師についての記事一覧

新人看護師 クリニックに転職するのはなぜ難しい?

新人看護師がクリニックに転職しようとするのは、難しいというのが一般的な考え方です。確かに、新人看護師はクリニックに転職するために必要なスキルがありません。どういったスキルが必要なのでしょうか?

新人看護師 クリニックに転職する際に必要なスキル

新人看護師はクリニックに転職する際に必要なスキルを持っていないことがほとんどです。よってクリニックへの転職は難しいとなるのですが、どういったスキルでしょうか?

採血・点滴・注射

まずは基本的な看護師の技術の面です。採血・点滴・注射はクリニックによって違いがありますが、医師か看護師が行います。

新人看護師は、まだ採血・点滴・注射を始めたばかりの方が多く、それ程技術がないことが多いです。場合によっては、まだやったことがないという新人看護師もいるでしょう。

そういった新人看護師がクリニックで仕事をするのは、なかなか難しいということです。

採血・点滴・注射がないクリニックであれば問題ないですが、そういったクリニックはそもそも看護師の求人自体が少なめです。正社員求人となると尚更です。

クリニックに転職するにあたって、まずは採血・点滴・注射をできるようになってからが良いでしょうね。

患者様とのコミュニケーション能力

患者様とのコミュニケーションが、病院と比べるとより一層必要になってきます。というのも、顔見知りの常連の患者様が多いためです。

場合によっては、新人看護師よりもクリニックについて詳しく、また自分自身の病気についても詳しいというケースもあります。

新人看護師は、そういった状況の中で、いかに上手くコミュニケーションをとって馴染んでいくかが大切になってくるのです。

そして、新人看護師にとって、これが一番難しい難問かもしれません。

院長との関わり方が未熟

看護師は、いかに上手く医師を手のひらの上で転がすことができるかが大切、と言われますが、クリニックになるとそれが院長になります。

院長との関わりがいかに上手くいくかで、業務のスピードが向上します。院長が気持ちよく仕事が出来ることが一番なのです。

こういった業務は病院ではあまり行いません。クリニックならではの部分ですが、まだまだ新人看護師には上手くできるとは思えない領域ですね。

新人看護師 クリニックに転職する方法

新人看護師はクリニックに転職するのを、できれば3年程待つのがベストですが、どうしても今すぐにという方もいるでしょう。

そういった看護師がクリニックに転職するために必要なことをまとめました。

若い看護師が多いクリニックを探す

従業員の構成として、若い看護師が多いクリニックでは、あまり経験を重要視していないことがあります。経験よりも素直に技術を習得することの方が大切という考え方です。

実際にクリニックの院長の考え方は2通りになります。即戦力で何も教えなくても仕事ができる看護師がいいという考え方と、何もできなくても素直で愛想が良い看護師がいいという考え方ですね。

これは、クリニックの院長が看護師に対して何を求めているかによって異なってきます。

実務か接客か

即戦力を求めるクリニックの院長は、実務をこなしてもらうために看護師を採用しています。ということは、最低でも採血・点滴・注射ができる必要があります。

新人看護師で全てが完璧にこなせることはほとんどありませんので、接客重視のクリニックを選択すると良いでしょう。

また、新人看護師であってもベテランの看護師であっても、未経験であることが多い分野で勤務するのも1つの手段です。

その1つに美容クリニックなどがありますよね。美容クリニックは、オペ介助などがメイン業務となることも多く、ある程度経験がある看護師でないと難しいと思われがちです。

しかし、美容クリニックは接客重視の面があります。そして、レーザー機器などは、ベテランの看護師も使用したことがなく、横一線のスタートができます。

新しいことを覚えるのは若い方が早い、この原理に沿って考えると、新人看護師にも十分にチャンスがあるでしょう。

例えば自由診療の分野で、美容クリニックなども選択肢に入ってきます。ただし、ある程度従業員の多い大手でないと研修体制が整っていないため難しいですが。

若い看護師が多い、もしくは接客重視のクリニックを選ぶ方法

それはやはり看護師転職支援サイトを活用することです。看護師転職支援サイトでは、クリニックの従業員や仕事内容の情報なども持っています。

つまり、若い看護師が多いクリニックや、接客の多いクリニックの情報もあるのです。

新人看護師でも受け入れてくれるクリニックを見つけてもらえれば、あとは本人の頑張り次第ですね。

研修体制は病院と比べるとどうしても劣りますので、積極的に自分で覚えていくことが大切です。くらいついていきましょう。

新人看護師の求人に強い転職サイトは? 新人看護師についての記事一覧

転職サイトランキングを見る