新人看護師の求人に強い転職サイトは? 新人看護師についての記事一覧

新人看護師の転職時期はいつぐらいがいいんだろう?

新人看護師の転職時期はどのタイミングがいいのか迷いますよね。1年間は勤務した方が良いとも考えますし、数ヶ月で転職した方が良いのかもしれないとも思いますよね。実際はどうなのでしょうか?

新人看護師の転職時期は特に気にしなくて良い?

新人看護師の転職時期は、どのタイミングが良いのか迷うと思います。実際に、できるだけ揉めることなく、そして転職先に受け入れられやすいタイミングが良いと考えるでしょう。

しかし、そんなタイミングはありません。もし、それを希望するのであれば、3年間は転職しないことをお勧めします。

では、上記のような考えを持たないという前提で考えるとどのタイミングが良いのでしょうか?単刀直入にいうと、タイミングはあまり気にすることはありません。

というのも新人看護師はまだ戦力になっていないためです。どうしても辞めたい、となった時に、辞めて病院が戦力的に困ることがあるかというと、それはありません。

では、なぜ新人看護師でも引き止めをするのでしょうか?これは、病院全体として、新人看護師の離職率はできるだけ0%を目指しているためです。

提携先の看護学校などでも、新人看護師の離職率が低い病院に入職させたいと思うものです。また、離職率が高いと、提携自体がなくなってしまうかもしれません。

つまり、戦力として引き止めるのではなく、離職率を高めないために引き止めると考える方が良いですね。

となると、新人看護師でなくなる1年の勤務というのが1つの目安となります。

病院側からすると、できれば1年勤務して欲しい、そして1年未満で退職するならいつでも良い、というのが本音ですね。

新人看護師の転職時期は採用時期と合わせて考えよう

新人看護師の転職時期は採用時期と合わせて考えると分かりやすくなります。

どういうことかというと、新人看護師の転職に関しては、できるだけ4月に採用しようとする病院が多いため、その時期に合わせるのがベストなのです。

新人看護師の場合は、新人研修から行っていくことになりますので、4月からの方がきりが良いということになります。

しかし、新人看護師が例えば8月に転職するのであれば、9月から入職はできます。しかし、新人看護師が1年目の研修を行っている中に途中から入りますので、上手く馴染んでいくように努力する必要があります。

研修体制は病院によって異なりますので、特に新人の場合は1年の途中での転職が難しいのです。

上記の内容から、病院からしても看護師からしても、1年間勤務して転職するのが最も好ましいと言えます。では、1年未満でも転職しないと望ましくない状態になるケースをお伝えしたいと思います。

新人看護師の転職時期が1年未満が良いケース

新人看護師の転職時期は、できるだけ1年後が良いということですが、1年未満でも転職した方が良いケースもあります。その最も多い例が精神的な問題で体調を崩すときです。

大体原因は人間関係か残業、休日出勤などが挙げられます。

そして、こういった方はできるだけ早く転職した方が良いです。1年というきりが良い転職時期を待っていると、長期間仕事ができなくなってしまう可能性があるためです。

精神的な問題は、一度抱えると環境を変えない限りなかなか改善されません。特に人間関係が理由であれば、転職や異動しか改善の道がないのです。

しかし、実際にはなかなか転職できていないのが実情です。精神的な問題で体調を崩す看護師は、頑張り屋さんが多いんですよね。

その結果、どうしても無理してしまい、最終的に爆発してしまいます。爆発すると、再度仕事ができるようになるまで、数年かかるケースが多いです。

もし、新人看護師として働いている状態で、精神的にきついと感じた時には、看護師転職支援サイトを利用すると良いでしょう。看護師転職支援サイトでは、精神的な部分も含めて、転職した方が良い状態かどうかを教えてくれます。

そして、転職が必要な場合は、どういった転職先であれば気持ちよく仕事ができるかも考えてくれるでしょう。頑張って3年は我慢するのも1つですが、精神的にきつい場合は無理せず転職するようにしましょう。

新人看護師の求人に強い転職サイトは? 新人看護師についての記事一覧

転職サイトランキングを見る