新人看護師の求人に強い転職サイトは? 新人看護師についての記事一覧

新人看護師 退職と転職のタイミングは大切

新人看護師の退職と転職のタイミングは非常に重要です。どのタイミングで転職を考えるのか、そして退職はどのタイミングで伝えるのかなどを説明していきます。

新人看護師 退職と転職は同時並行?

新人看護師の退職と転職は同時並行で行っていくことになります。これは新人看護師以外も同じですが、新人看護師はなかなかそうなっていないことが多いです。

というのも、新人看護師が退職を考えるときは、何か出来事があったということが多いためです。簡単に言うとトラブルですね。

このトラブルというのは、患者様とというケースもありますが、多くはプリセプターや上司です。ミスをしたりした時に、きつく叱られることがあり、仕事を辞めたくなります。

これが1度だけであったり、アフターフォローがあればまた明日から気持ちを切り替えて頑張ろうとなりますが、そうでなければ不満がどんどん蓄積します。

そして我慢の限界に達した時に爆発してしまいます。こうなると、次の転職のことを考えずにまずは辞めることに集中してしまうのです。

退職に集中してしまうと、辞めた後にどうするかが決まっておらず、辞めた後で後悔することもあります。また、自分の行った行為が正しかったのかどうかも考えてしまいます。

一旦気持ちを落ち着けて、本当に退職したいのかを考え、そうであれば、退職と転職を同時並行で考えていくようにしましょう。

退職した後で仕事を探しても、看護師であれば新人であっても1ヶ月以内に決まることが多いでしょう。しかし、どこかで早く就職しないといけないという焦りが生じます。

この焦りが判断力を鈍らせてしまうことがあるため、退職する前に転職活動を開始し、できれば次を決めてから退職するのが望ましいのです。

新人看護師 退職と転職はどっちが難しい?

新人看護師が退職と転職をする際に、どちらが難しいのでしょうか?イメージとしては転職の方が難しいと思いますよね。実は退職の方が難しいです。

転職先は数多くありますので、それ程大変ではありませんが、退職の手続きは大変です。なかなか退職を認めてくれないのです。

強い引き止めにあってしまい、もう少し頑張ります、と言わざるを得ないような状況にさせられてしまいます。

看護部長や看護師長は、過去に何百人、何千人と新人看護師が辞めたいと言い出した時に対応をしています。

つまり、新人看護師にどういった対応をすると辞められなくなるかが分かっているのです。例えば、最初に恫喝してその後に優しく諭すなどもその1つです。

そういった引き止めにあう中で、自分の退職の意思をまげないことが出来るかどうかがポイントですね。

新人看護師が退職と転職を繰り返さないために

新人看護師が退職と転職を繰り返さないためには、転職理由とその改善策を考え、それが叶う職場を探すことです。

ただ現在の職場が嫌で退職するのでは、次の職場でもまた同じことになってしまうことがあります。そうなると、転職癖がついてしまっていることになります。

転職にはいろいろな理由がありますが、やはり前向きな理由での転職が良いですね。もちろん、転職理由としてはネガティブなものが多いとは思います。

例えば、残業が多い、給与が安い、休みが少ない、人間関係が悪いなどが挙げられます。どれもこのままではネガティブですが、どうポジティブに捉えることができるが大切です。

残業などはそのおかげでより多くの仕事に携わることができたが、もう少しゆったりとした環境でベッドサイドでの仕事がしたい、などであればポジティブです。

また、退職することになったとしても、感謝の気持ちを持つことは大切です。感謝の気持ちがなければ、やはり転職を繰り返すことにも繋がります。

こういったことを行いながら、正確な情報をもとに転職することも大切です。正確な情報を与えてくれるのは、看護師転職支援サイトですね。

求人先の情報を求人票の内容だけでなく、実際に勤務したことのある看護師から聞いた話としての情報もあります。

より実際に近い情報をもとに、自分の希望と一致している職場を探すようにしましょう。

転職サイトランキングを見る